So-net無料ブログ作成
検索選択
地域のこと 友人 ブログトップ

かけがえのない、友♪。 [地域のこと 友人]

雪の朝です。ホワイトクリスマスって云うんでしょうか。

私は昨夜は、去年に続き友人のお宅で過ごしました。

004.JPG

4年前から、この時季の私を心配してくれる近所の友人が

12月の初旬から、招待してくれていました。

005.JPG

19時近くまで仕事の為伺えなくなったのに、遅い私の到着を待ってくれて

いました。

手ぶらで、あ~、お腹が空いた~!。我がままに甘える私より、友人夫婦

方が、お腹はぺこぺこだった筈。

007.JPG

次々に、手料理をいただき、あっという間に3時間。

006.JPG

会話のはしはしに、これまでの私を案じてくれていた事を、改めて知り

かけがえのない友人を持った事を、幸せだと思いました。

帰宅してから、離れてしまった友人からも、同様のコメントが寄せられて

いました。

しょっちゅう、会話したり会ったりする仲ではないけれど、絆はしっかり。

かけがえない・・・。昨夜は頭の中で、何度も繰り返した言葉でした。

クリスマスって云えば、大人になってもプレゼントが欲しいワタシ。

私は自分で、一番可愛い自分にず~っと欲しかった、「クロエ[ぴかぴか(新しい)][プレゼント][ぴかぴか(新しい)]

007.JPG

奮発しました[わーい(嬉しい顔)][手(チョキ)]

年末には都会で、かけがえのない友にも、お財布に優しい、何かを![プレゼント]

友~、お料理のどれも、おいしゅうございました<(_)>。


人生の転機!。 [地域のこと 友人]

昨夜、と言っても、つい先ほどなんですが友人から、「私、変わるから!」と

電話がありました。そう、人生の転機を向えようとしているんです。

彼女は地域の重要な、お仕事をしています。

笑ったり、もらい泣きをしたり、携帯を押し当てた耳が痛く成る程、久し振りの

長電話でした。もう結論は出ている内容でしたので、エールを送りつつ彼女

話す内容に深く共感しました。「他人のご機嫌を取るより、自分のご機嫌

取るように!」。彼女がどこかで耳にした言葉だそうです。

自分のご機嫌をよくしておく事で、他人にも優しくなれる!、そんな、

意味合いでした。私の場合、少しの困難でも乗り越えられた時、直ちに

自分にご褒美を与える人ですから、ちょっと度の過ぎた機嫌の取り方ですが、

時にはこんな事も必要なんだと思いますね(^ ^)。

いつの間にか、私へのエールに変わっていました(^ ^;。

さて、昨日の私ですが午後になって小雪が舞い降りる中、散歩に出ました。

だいぶ膨らみ始めた、モミジの芽です。横に流れる雪がみえますかしら!?。

008.JPG

3時過ぎの外は流石に寒かったんですが、相変わらずしつっこく苔の胞子狙い。

011.JPG
013.JPG
014.JPG

苔はやっぱり、水分を含んだほうが美しいんだな~!。と思いつつ、おっ、絵に

なる松ぼっくりが・・・。先週まで私が独占して拾っていたのに、ライバルが

いるようなんです(^ ^;。りん片の開いた松ぼっくりは、一つ残らず消えていました。

010.JPG

1時間足らずの散歩から帰り、ほっぽりっぱなしの(?)金のなる木にしょぼい

花が申し訳程度に咲いていました。まるで、我が家の台所事情を反映してる

みたいな・・・(^ ^;;。

001.JPG

さてと、今日は出かける予定なんですが最近、わりと平穏に過ごして

いる私!。何かのご褒美に「花」くらいは、買ってもいいですか~[わーい(嬉しい顔)]


ごめん、ごめん!。ハッピーバースデー♪、歌い忘れちゃった(^ ^;;。 [地域のこと 友人]

あらあら、今にも空が泣きだしそう!!。夕べ、こんなにきれいな月夜だったのに。

054.JPG

寒くてきれいな月夜の昨夜、友人和子さんの誕生日に招かれてご馳走になって

きました。わ~、豪華!、すごいね!と私が、瞳孔を拡げて驚くと「いつもは、にんな

じゃないんだよ」と謙遜していましたが、お仕事だった和子さんに代わり、ご主人が

あれこれ買い物してくれたそうです。メインのケーキ、チキン、ピザ、アボガドの

生ハム巻き、自家栽培の舞茸入りのおでん、熊汁、しもつかれ、デザートなど。

058.JPG
057.JPG

ご主人は、「また、肥えっちまうな~」とピザから、和子さんは、今日は特別!!と

ケーキから、私がは香りに誘われ舞茸からと次々に、胃の中に納まっていきました。

3時間ほどゆっくり、ご馳走を頂いたりおしゃべりをして過ごす間、和子さんの

携帯にはお子さんや、お孫さんたちから祝福の電話があり、キラキラした笑顔で

とても幸せそうでした(=⌒_⌒=)。

私たちの地域は、ケーキはもちろんのこと、ちょっとめずらしい食材を調達したい

場合、片道1時間程かけてわざわざ町へ下りなければ手に入らない、ちょっと

不便な土地柄なので、ケーキを口にした和子さんは終始笑顔で、愛妻の為に

大役のお買いものをしたご主人は満足そうでした。 

しまった!、私はおめでとうも、ハッピーバースデーも歌ってあげてなかった(^ ^;;。

で、ろうそくが3本しか立ってないけど、30才でいいんだっけ!?(//▽//)。


地域のこと 友人 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。